LINK
事故は自分だけの自損事故と誰か他の人が関与した交通事故があります。自分自身だけの事故の状況では、あなたが事故処理をすれば完了しますが、自分以外を巻き込んだ自動車での事故はどちら側にどれくらいミスがあるのかを確認してこの結果によって乗用車の修理費や和解金等が決められるので、車の保険屋さんの有識者にも参加してもらい相談が必要不可欠です。大多数の自動車での事故状況でお互いに落ち度があるケースが一般的でどちらかだけの責任が問われるというケースはほとんどないようです。もちろん赤信号で進んでしまった、一旦停止無視等はとても大きな間違いになりますが、被害を受けた側にもミスがあったと判断されます。自動車での事故のケースでは誰の責任が原因で発生したのかということがたいへん大切にされますので、それを当事者に分かりやすく表した基準が『過失割合』なのです。ひとつの例として、先ほど記述した赤信号で止まらなかったり、一時停止でもそのまま進んだ場合であれば法律の上ではすべてのミスがあると思いがちですがその状況で事故の原因になった車が対面から来て目視でチェックできた場合では自動車事故の被害者でも注意不足があるとして1割ほどのミスが認められる場合もあります。この場合は事故を起こした相手が9割、自分1割の過失割合と言われ過失が大きい方に大きなミスが問われる事になるのです。そして事故の割合それまでの車の事故の判例を元に決められる時が大部分で日弁連の交通事故相談センターから発表されている基準となる表等がものさしとして利用されています。この過失割合の、割り当てが高ければ高いほど過失、結果として賠償額も大きくなりますので事故後の話し合いは事故に関わった人だけでなく車の保険の係りの人を交えてちゃんと話すことが大切です。