LINK
車の事故が起こった状況で、己が被害者であっても向こう側が非を少しも受容しないことはたくさん存在します。例をあげれば、意識的に起こしたかったのではなく注意が足りなくて相手の自動車を追突した際に、そういった口論になる状況があります。とは言っても、その場で車のみの「物損」処理されて、後で異常が現われてから、診てもらった病院の参考になる診断書出すというのは後手後手に回るのは否めません。それでは交通事故の過失割合の結論にはどんな風な判断基準が決まっているのでしょうか。しっかりと説明しますと、警察署が決定するのは事故の責任が考えられるのはどちらの車かという責任の所在であり、どちらに何割過失があるのかというわけではありません。その上、最終的に決定された責任者が警察から公表されるケースは有り得ません。ですので、割合は事故に関わった人たちの相談によって決定されたこの結果が損害賠償の算定基準と判断されます。この場合、互いが任意の保険に加入をしていなかった場面では、お互いが面と向って協議を余儀なくされます。しかし、当然この交渉では、感情的なやり合いになる可能性があります。互いの主張に相違があれば万が一の場合、裁判にまではまり込む、これは長い年月と訴訟費用計り知れない無駄を避ける事ができません。なので普通は、それぞれのドライバーに付く保険会社、このようにお互いの保険の会社にやり取りを委任する手立てを利用して、適切な「過失割合」を冷静に決定させます。この時自動車保険の会社は、前の車での事故の裁判が行われ、出た判決から算出した基準、判例タイムズをベースに仮定と協議を活用してどちらに何割過失があるのかを計算します。と言っても、事故においては、不幸にも関わってしまったのか起こしてしまったのかを考える前に、まず110番に連絡するのが絶対です。その上で自動車保険会社にやり取りをして、今後の対応を委ねるのが手順になります。この順序さえ理解していれば、無益な話し合いとなるケースを回避できるに違いないのです。