LINK
自動車の保険には、読者の方も既に知っているかとは思いますが等級という名で知られる制度が存在します。正式名称としてはノンフリート等級別料率制度といい、掛け金にかなり多大に影響しています。等級というのは、クルマの保険に入っている者の公平な負担を保つことを主眼としているため自動車事故を引き起こす可能性またはクルマの損害保険を利用する現実味が大きければ高いと見込まれるほど月々の掛金が上がります。その反対に事故を発生させてしまう恐れが少なく車の保険を適用されると考えにくい人に関しては、良い利用者だろうとみなされることで、月額の掛金が値下げされます。安全に自動車をりようするドライバーの人がそうでない人より有利な枠組みなので交通事故を生じさせてしまいやすい被保険者にはデメリットのある決まりだと考えられるでしょう。等級という枠組みは、優秀な保険利用者と事故のリスクがより高い加入者の月々の掛金が同じ額だと割高な金額を払わされていると思ってしまう被保険者が大多数なので保険会社サイドからしてもリスクを減少させるためにとにもかくにも欠くことのできない枠組みだといえます。では、等級とは具体的にいって一体どういった機構なのか概説しましょう。まず第一に、等級というものには1等級より20等級まで存在し数が増えると保険の掛け金が割り引かれる制度になっていることに注意しましょう。第二に1等級より3等級の間については低廉にならずかえって値段が上がり事故を発生させて、クルマの損害保険を適用してしまうと3等級下がりさらに負担が大きいクルマの保険を払っていくことにならざるを得ません。最後に、はじめて自動車の損害保険に契約するときは6等級よりの始まりとなり、そこから自分の級が下がっていくのか上がるのかは保険利用者次第です。そのようなわけで、月額の掛金を安価にしたいドライバーはアクシデントを生じさせないように安全な運転に留意するのが一番大切といえるでしょう。